スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の別れ。

今日まろんを火葬してきました。

斎場に着くと待合室に通され、まろんと最後のお別れ。
花入れをし、大好きだったおやつもまろんに持たせました。
待合室内には仏壇があり、お線香も上げさせてくれました。
初めてだったので一通りの説明を受け、まろんを炉に送り出します。
終了までだいたい40~50分ぐらいで最初の待合室で待ちました。
斎場の待合室で。

火葬が終了して、まろんの骨を骨壷に収めました。骨壷は5寸の大きさでぴったりでした。
頭蓋骨はしっかりと残っていたけど、思ったよりも薄くて衝撃があれば壊れちゃいそうな感じ。
人と同じように箸渡しをまろんぱぱ&たっくんとして、まろんを神様のところまで送り出します。

すべての骨を骨壷に収めて、おうちへ帰りました。
まろんは寂しがりやなので、当分は我が家のリビングでみんなと一緒です。
小さくなって帰ってきた。

まろん、安らかに眠ってね。
時々は遊びにきてほしいな。
スポンサーサイト

うれしいね。

今日またお友達からお花を頂きました。

じゅんさん・まろんがずっとセルフシャンプーで通っていたペットショップさん、ありがとうございます。
お花がいっぱい♪

こんなにたくさんのお花に囲まれちゃってさ、まろんは幸せものだね。

ありがとうございます。

今日、犬友のカレンママ&ピコママからまろんにお花が届きました。
こんな立派なお花をもらって、よかったね、まろん。
お花、きれいだね。
カレンママ・ピコママ、ありがとうございます。

まろんの体の上にあるのはたっくんが書いた絵です。
まろんが一人で寂しくないようにだって。
まろん&むさしの絵。

まろんを迎えて、たくさんの出会いと経験&思い出を作ることができました。
訓練所に通い、お友達ができ、競技会に出陳して、競技会に出るため遠征旅行したり。
はたまたBBQにキャンプそしてカラオケ(笑)などなど。

それにモデルのお仕事したり、訓練を活かしてステージで芸も披露して賞品もらったり。
一緒にキャンプや旅行も行ったりしたね。
どれも楽しい思い出ばかり。
これもまろんがいたからできた事だよね。

家庭犬としては難ありだったけど、まろんがいてくれてよかった。
毎日おしゃべりばっかりしてたまろんがいないから、今家の中がとっても静かに感じるよ。

気づくといつも側にいたまろん。
もう隣にはいない・・・・・。
寂しいな。

最後までやっぱりまろんでした(笑)

まろんがお空に旅立ったのが1月30日。

1月30日はたっくんの誕生日だったんです。
まろんはたっくんの誕生日だとわかってて、その日を選んだのかも(笑)
だってその日なら絶対まろんが旅立った日をみんなが忘れられないもんね。

いつでもまろんは自分が一番!自己表現が激しい子でした。
「あたしを一番可愛がってね♪」って感じで「むさし~」「たっくん~」とまろんを呼んでないのに来てました。
おしゃべりばっかりでうるさかったけど、今まろんがいないから家の中が静かに感じます(泣)

虹の橋の向こうへ。

ずいぶんとブログをさぼってしまった、まろんままです。

久しぶりのブログ更新が悲しいお知らせになってしまうなんて・・・・・。

本日30日の午後1時ごろ、まろんがお空へ旅立ってしまいました。
12歳2ヶ月の犬生でした。
今までありがとう。


今日の朝までいつもと変わらないまろんでした。
10時半ごろ買い物から帰ってくるとまろんが少し元気なさげでした。特に変化はなく、なんとなくそう感じるくらいでした。
するとお昼寝をしているまろんが急に「キャン、キャン」と泣き始めました。
まろんと見ると、左目の瞳孔が開き焦点があっていない。首を自分で支えることができず平行感覚を失い、首を床に叩きつけるような感じで痙攣もして、立ち上がることもできない。
「まろん、まろん」と呼びかけてもこちらを見れない状態。こんなまろんは見たことがありませんでした。
息も苦しそうでしたが、まだ自分で呼吸をしていたので急いで動物病院に連絡し、すぐ行くので診察して欲しいと伝えました。
ただ車がなかったので、いつも通っていた動物病院に行けなかったので初診でしたが連絡先を調べて一番近い動物病院に行きました。

症状を説明して、診察してもらうと目の状態から脳疾患の疑いと腹部にボールのようなしこりがあるので内蔵系に腫瘍があるのではないかという診断でした。

とにかく原因を探るためまず血液検査。そのあと腫瘍のレントゲンを取る予定でした。
血液検査は血圧が低く、採血ができない状態で体を温めて時間をかけて採血しました。
ここまで容態はなんとか安定してきていて、時折体を起こしたりしていたそうです。これからレントゲンというところで容態が悪化。心臓が止まり、まろんはお空へ旅立ってしまいました。

一通りの説明を獣医さんから受け、冷たくなったまろんを自宅へ連れて帰りました。
たらればですが、もし容態が悪化しないで検査が一通りできて治療できたらまろんはまだまろんままの側にいてくれたとのことでした。ただ脳疾患だから今までどおりの生活をするのに時間がかかり介護が必要だったかもしれないそうです。

もしかしたら自分の介護が大変だから手を煩わせたくないから、まろんは駆け足でお空に旅立ってしまったのかもしれません。

見た目は寝ているように見えるけど、体は硬く冷たくなってしまってますます涙が止まりません。
プロフィール

まろんまま

Author:まろんまま
★まろん★♀(コーギー)
2000/11/5生
JKC CDX
グランドトレーニングチャンピョン
2013/1/30没

★むさし★♂(チワワ)
2001/10/18生

★たっくん★♂(人間)
2008/1/30生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。